So-net無料ブログ作成

新世代のスポーツ・ツアラー、K1600GTL詳報。 [K1600GTL]

コクピット.jpg
いよいよ、今週6/2(木)に新型K1600GTLが当店に入荷します。
それに先立ち、先日実車に触れてきた時の様子をご紹介しましょう。

実際の車両に跨ってみると、シートとハンドルのポジションは絶妙で
軽く腕を伸ばしたところにちょうどグリップがあるという印象。
旧K1200LTのように、少し苦労してハンドルを手前に持ってきたという感じではなく
K1300GTとくらべると格段にリラックスできるポジションです。
低めのシートは比較的幅があり、腰を包むような形状で収まりが良いのですが
シート前部は十分に絞られているおかげで脚付は踵まで着く上に膝に余裕があり、
跨った状態で踏ん張って車重を十分支えられるという安心感があります。
平地であれば、跨ったままで両足で地面を蹴って、安心して後退できます。


コクピットパネル.jpg
端正な表情ですが、かなりの高機能なコクピット。
アイドリング+の低回転から驚異的な高トルクを発揮する6気筒エンジンを楽しむためには
この見えやすい場所にあるシフト・インジケータがとても役に立ちます。

普通に流れている国道であれば、6速で流すこともできるほどの低速トルクがある一方で
西伊豆スカイラインを2速で駆け巡る爽快感は格別なものがあります。
もちろん、間を取って4速に入れたまま、ワインディングから一般道、
さらには高速道路までをもカバーできてしまう...様々な使い方ができてしまうのです。

その6気筒エンジンの楽しみを拡げてくれるのが、S1000RRに続いて採用されたMODE設定。
スロットルは電気信号を送る「ライド・バイ・ワイヤ」形式で、3種類のモードを切り替えることで
レスポンスが変化するだけでなく、ABSやトラクション・コントロールの介入の仕方も変化します。
RAINモードであればすべての操作に穏やかに反応してABSの介入も早めとなり、
DYNAMICモードでは目の覚めるようなシルキー6のレスポンスを楽しみながら
車体の軽さを完全に忘れてワインディングを駆け抜けることができます。


エンジン幅はコンパクト.jpg

ピッチの狭さ。.jpg
このエンジンはK1300シリーズに単純に2気筒を足したのではなく、完全に新設計のもの。
前傾の角度は1300と共通ですが、ボア・ピッチはこれまで以上に詰められています。
ウォーター・ジャケットの内側、シリンダー間のライナーの幅の狭さは驚異的ですね。
ピストン同士の最も近い部分では数ミリしかありません。
こういう部分には、きっとF1で培われた技術も投入されているのではないでしょうか。


スリップストリームディフレクタ.jpg
電動のスクリーンはK1300GTよりも大きめで、持ち上げた時の角度も大きく
GTはもちろん、R1200RTよりも防風効果は高そうです。

あまりにフェアリングの効果が高いと、日本の夏は厳しくなりがちですが
走行風の導入を図る工夫も。
アッパーカウルの下部、シリンダヘッド上部にあるこの部品を手動で開くことにより
想像以上の走行風が上半身、特にお腹から胸に当たるようになっています。
このパーツの名称は「スリップ・ストリーム・ディフレクター」。F1みたいですね。


ファイナルドライブケース.jpg
ファイナル・ドライブ・ケースは全くの新設計で、これまでのものとは形状も異なります。
かなりコンパクトですが、最近のモデルの特徴だった中空のハブ・センターではなくなっています。


Akrapovic製マフラー.jpg
一般的なツアラーとは概念の異なるマシンであることを象徴するように
Akrapovic製のスポーツ・マフラーがオプション設定されています。
左右セットで交換すると、約7kgの軽量化に繋がるとこのこと。
試乗車の台数が少なかったため試すことはできませんでしたが
ほぼ標準のパニア・ケースを外したのと同じ軽量化の効果がある筈です。
音質の素晴らしさは、もう言うまでもありません。
西伊豆のトンネルにもその澄んだ咆哮が響き渡りました。


Z8.jpg
K1600GTLには、このMetzeler Roadtec Z8 Interact(2011年3月から新発売)が
標準装備として採用されています。
2009年にデビューしたZ6も高いバランスで各方面で絶賛されたタイアですが、
その思想をさらに推し進め、おそらくK1600GTLと同時に開発されたのではないかといわれています。

Z6よりはフロントのラウンド・プロファイルがやや緩やかに設定されているとのことでしたが
西伊豆のワインディングでの安定感とハンドリングの軽快さ、
湿った路面でも気兼ねなくイン側ギリギリまで楽に車体を寄せられる安心感は素晴らしいものでした。
インストラクターを努めていただいたジャーナリストの松井 勉さんに試乗中にお話を伺いましたが、
「今回のZ8の進化で、Metzelerはこの分野でいきなり2年近く他社よりも先を行っているような
 格段の進化を遂げてしまったという気がしますね。他のタイアを選ぶ理由が無い、というくらい」
と絶賛されていました。


アダプティブ・ヘッドライト.jpg
冬の発表時から話題となっていた「アダプティブ・ヘッドライト」は
日本仕様にも正式に採用されています。
キセノン・ライトを光源として、可動式の反射鏡を組合せて
車両の前後方向の姿勢変化やワインディングでのバンク時などの動きに合わせて
照射先を最適な方向に調整する画期的なシステムです。

一般的なボディ一体式のライトでは、カーブを曲がる際にライトが照らす先が
コーナーの外側を向いてしまったりしますが、
GTLの「アダプティブ・ヘッドライト」では単に車両の前方を向くという以上に、
バンク角に合わせて「曲がる先=曲がろうとするカーブのクリッピング方向を照らす」という
高度な照射調整を車体が自動的に行ってくれるのです。
試乗した時間帯は昼間でしたが、もし夜間にこれだけのボリュームのある車体を安心して快適に
走らせようとした時には、絶大な効果を発揮してくれるだろうと想像できます。


質感の良いトップケース.jpg
トップケースはGTLには標準装備。大き目のバックレストは仕上げも高級感に溢れています。

全く新しいエンジンに加えて、これだけの安全・快適装備も含めた車両本体価格が300万円(税込)...
既存のモデルと比べると十分にお買い得感がありますね。
今週末、ぜひMotorrad Naganoのショールームで新型GTLをご覧になってみてください。


☆☆☆


先週末、5/28(土)、29(日)に開催された『信州輸入車ショー』には
大勢の皆様にお越しいただき、誠にありがとうございました。
初日の夕方からは、あいにくの雨模様でしたが
二日間で例年以上の来場数となり、会場も熱気がありましたね。
土曜日の2時くらいまで試乗も行いましたが、BMWの6車種はいずれも高い人気でした。

中信エリアでは最大規模のこのショーですが、
今後とも「輸入車の楽しさ」に実際に触れて体感できるイベントとして、
盛り上げていきたいと思っています。
来年も、どうぞよろしくお願い致します。


☆☆☆

昨年12月18日より新生「Motorrad Nagano」としてリニューアル・オープン致しましたが 目の前の国道19号の拡幅工事もほぼ完了し、店舗前に新しい信号「広丘交番北」もできました。 当店前の舗道も一気に5m幅とたいへん広くなり、駐車場の舗装も完了して入りやすくなっています。

 ●3月~10月末までは夏季営業時間:09:30 - 19:00
 ●2月末までは冬季営業時間:10:00 - 18:00

 とさせていただきます。定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。
 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

タグ:K1600GTL
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

K1600GTLに試乗してきました&週末は『信州輸入車ショー』です! [K1600GTL]

スタート時はウェット。.jpg
いよいよ来月10日に発売決定となった新型K1600GTLにじっくりと触れてきました。
場所は伊豆の某所。車体各部の特徴や新技術などの詳細説明を受けたあとに
全国から集まった正規ディーラーのスタッフと共に、実車に試乗します。
インストラクターを務めていただいたのは、ジャーナリストの山田純さんと松井勉さん。

試乗速報と、「信州輸入車ショー」のご案内です。


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【速報!】 K1600GTLは6/10(金)発売開始、本体価格は... [K1600GTL]

K1600GTL0510.jpg
皆さま、たいへんお待たせ致しました。
今日5/10(火)、待望のK1600GTLの発売日と価格が発表となりました。
発売開始は6/10(金)、車両本体価格は3,000,000円(税込)です。
ちなみに、私達の予想よりも、価格は大きく下回りました。

初回入荷数はかなり限定されたものになりそうです。

詳細は、また後ほど...

☆☆☆

昨年12月18日より新生「Motorrad Nagano」としてリニューアル・オープン致しましたが 目の前の国道19号の拡幅工事もほぼ完了し、店舗前に新しい信号「広丘交番北」もできました。 当店前の舗道も一気に5m幅とたいへん広くなり、駐車場の舗装も完了して入りやすくなっています。

 ●3月~10月末までは夏季営業時間:09:30 - 19:00
 ●2月末までは冬季営業時間:10:00 - 18:00

 とさせていただきます。定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。
 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

タグ:K1600GTL
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

新型K1600GTLに触れてきました! [K1600GTL]

K1600GTL登場!.jpg
過日、とあるミーティングの会場で
今年最も期待されている新型車の一つ、K1600GTLに触れることができました。
フロントの顔付きは一目でGTLとわかるポイント。


シート低めです.jpg
シート周辺は十分に絞られており、いかにも乗りやすそうな形状です。
6気筒エンジンは思いのほかコンパクトに見え、かつてのHONDA CBXのような
エンジンだけが車体からはみ出しているかのような威圧感はありません。
各部のディティールはK1300GTよりも柔和な印象で、
ラグジュアリーという言葉がしっくりきます。


脚着きは抜群 ..jpg
実際に跨ってみました。
ワタクシは身長174cmですが、踵までしっかり着き、膝にも余裕がありました。
K1200LTと比べても、タンク下部からシート前半部分がしっかり絞込まれており
脚も降ろしやすく、荷重を支える時にも踏ん張りの効く形状になっています。

ハンドルはかなり手前まで伸びてきていて、上半身を起こした安楽なポジションがとれます。
ステップ位置もごく自然に脚を降ろした場所にあり、違和感がありません。
タンデム・シートは立体的な形状で座面が広く、いかにも快適そうに見えます。


コクピット。.jpg
ハイパワー・ツアラーのコクピットは、クルマ風のパネルで覆われたものも多いですが
GTLのメーター周りは4輪車とは一味も二味も違ったオリジナリティに溢れています。
純正のNavigatorⅣはビルト・インでフェイシアに綺麗に収まり、盗難の心配にも備えています。
アナログ表記のスピード/タコ・メーターは見やすく、フォントも控えめで高級感があります。
ちなみにレッドゾーンは8400rpm辺りから。

総じて、十分に良く考えられた完成度の高いマシンに仕上がっているように感じました。
これだけの仕上がりなら、日本国内だからといって持て余してしまうことはなさそうです。
回転を上げてパワーで走らせるよりも、バイクとしては異例の175Nm/5000rpmという
驚異的なトルクを活かした滑べるような走りが似合うマシンなのではないでしょうか。
初夏に予定されている国内デビューが待ち遠しくなりますね!
どうぞご期待下さい♪


System6いよいよ発売。.jpg

System6各色.jpg
SG規格への対応などの問題で待たれていた純正ヘルメット「System6」も
ついに国内販売が決定しました。
今月15日から販売開始となります。


System6-カタログ.jpg
日本向けのサイズとカラーは下記のとおりです。価格など詳細はどうぞお問合せ下さい。

M:58/59、L:60/61、XL:62/63、XXL:64/65
●4サイズが用意されるカラー
 ・ナイトブラック
 ・ホワイトシルバー・メタリック
 ・ダークグレーマット
 ・コズミック(グレー地にホワイト・ブルーのグラフィック)

●MとLのみ
 ・フローライトイエロー
 ・チタンシルバー
 ・シャープエッジ(オレンジを配したグラフィック)

※2/13現在の当店入荷予定は以下のとおりです。
 ■ナイトブラック 60/61 数量:2 定価75,600円(税込) 2/17頃入荷予定
 ■ホワイトシルバー・メタリック 60/61 数量:2 定価77,700円(税込) 2/17頃入荷予定
 ■チタンシルバー 60/61 数量:2(うち1個成約済み) 定価80,850円(税込) 2/17頃入荷予定

初回入荷数は少なめですので、どうぞお早めにお問合せください。
なお、62/63、64/65のサイズの入荷はやや遅れる見通しです。ご了承くださいませ。


New R1200R.jpg
もう1台、今春デビューが噂されているR1200Rのフェイス・リフトも展示されていましたが
こちらはまた次の記事ででもご紹介しますね。


★★★


モンちゃん再び登場!.jpg
先週5(土)に行われたハーレーダビッドソン長野のオープニング・イベントには
本当に多くのお客様にお集まりいただきました。ありがとうございました!

昨年末に引き続き2回目の登場の「モンちゃん」こと多聞恵美さんのトークショーは
後半に当社代表の上原との掛け合いもあり、ご覧のような盛況ぶり。
二日間のトータルで500名様以上の方にご来店いただきました。

ハーレー、BMWとブランドの持ち味は違ってもバイクの楽しさは共通。
今後とも両店舗で力をあわせてイベントなど開催してまいりますので、
どうぞよろしくお願い致します。

昨年12月18日より新生「Motorrad Nagano」としてリニューアル・オープン致しました。 あいにく目の前の国道19号の拡幅工事がピークに差し掛かっているため せっかく広くなった駐車場に入りづらくなっております点、どうぞご了承くださいませ。 塩尻~松本エリアはおかげさまでその後も雪は無く、日中は十分試乗もお楽しみいただけます。


★営業時間が変更になりました。

 これまで、通年「午前9時から夕方6時までの営業」としてまいりましたが
 2011年からは「ハーレーダビッドソン長野」とあわせて
 ●2月末までは冬季営業時間:10:00 - 18:00
 ●3月~10月末までは夏季営業時間:09:30 - 19:00
 とさせていただきます。よろしくお願い致します!


nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。