So-net無料ブログ作成
C600S/C650GT ブログトップ

新型C600Sport/C650GT登場!&魅力の電熱ヒータージャケット。 [C600S/C650GT]

DSC03268.JPG
新型スクーターCシリーズのデビューフェアには
多くの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。
おかげさまでC600SportとGT、合計3台のご成約をいただきました。
やはり現車を見ていただくと、質感の素晴らしい仕上がりや
充実した装備を魅力と感じていただけたようです。

C650GTのフロント・ビューは、ボリュームもあり
ミラーに映る姿はGTLにも引けを取らないほど。
この価格で電動スクリーン、グリップ・ヒーター&シート・ヒーターまで
標準装備というのは、とても魅力的ですね。
しかもヒーター類には強/弱だけでなく「AUTO」モードもあるのです。



DSC03271.JPG
フラッシャーの埋め込まれた左右のミラーも高級感のある仕上がりです。

ウィンド・シールドの下部には、気温に応じて身体に当たる風の量を調節できる
ディフレクターも装備されています。


DSC03273.JPG
フロントのライトユニットの中央にはLEDライトが埋め込まれており、
イグニッションをOFFにした後も30秒間はこんな風に点灯し続けるように設定されています。

暗い夜道を帰ってきて我が家に到着した後にこの明かりを見ると、
「ああ、帰ってきたなぁ、楽しかったなぁ...」と、ほっとできるかもしれません。


DSC03274.JPG
C600Sportの拡張式収納スペースも見事ですが
GTは特に何も触らなくても、このように2個のヘルメットを収納してさらに余裕があります。
このスペースにもイグニッションOFF後に30秒点灯するLED照明が備わっています。


DSC03276.JPG
スポーティーなイメージのC600Sportのシート表皮に対して
C650GTは、よりシックで高級感のある仕上がりになっています。
バックレストは前後3段階に調節可能。


DSC03277.JPG
フロント・ボディ内側左右にあるグローブ・ボックスのうち、
左側にはこのようにシガーライター・ソケットが備えられています。
ただし、日本規格の一般的なサイズのものですので
社外品の電装品などへの電源供給には便利な半面、
BMW純正のへラーソケットと組み合わせるにはアダプタが必要です。

写真はオプションで設定のある「携帯電話用トレイ」を装着した状態。
棚のように仕切れるので、電装品の整理にも使えそうですね。


DSC03238.JPG
そしてバッテリーはこの位置に搭載されています。
「マスの集中化」という意味では、ステアリングステムに近い場所ですので
十分効果がありそうです。


C600S構造図.jpg
車両の構成は、このようになっています。
新設計の水冷並列2気筒エンジンはシリンダーが大きく前傾しており
チューブラーフレームの前端下部に収まっています。
ミッション=CVT無段変速ユニットがほぼ車体中央に積まれ、
動力のアウトプットとなるドライブ・スプロケットはスイングアーム・ピボットと同軸上に配置。
これにより、サスペンションが作動してもチェーンのたわみ量が変化しません。

最終駆動系はチェーンですが、ケース内にオイル(750ml)が封入されて密閉されており
2万キロのメンテナンス・スケジュールまでは基本的にメンテナンス・フリーです。

これまでのミドルクラスのスクーターに多い、エンジン&駆動系が一体で可動する
ユニット・スイング式の宿命でもあった「スクーター特有のドタバタした走り」は
新しいCシリーズとは無縁です。
スクーターならではの利便性は十分確保しながら
本格的なバイクにも引けを取らない走行性能を両立させているのが
新型Cシリーズの特徴と言えます。

おかげさまで今日現在は店頭の展示車がすべてご成約済みですが
まもなくGTの試乗車もご用意できる予定です。
是非、ショールームで最新のBMWらしさのあふれたマシンをご覧になってみて下さい。


☆☆☆


新ヒータージャケット.jpg
先日もお伝えした岩城滉一さん監修の「HEATECH」電熱ヒータージャケットが入荷しましたが
たいへん好調な売れ行きで驚いています。
「ヒート・インナージャケット」は使いやすいワイヤレスリモコン付属で定価28,350円です。


スイッチは操作しやすい場所に.JPG
これまでの「重たい」「煩雑」というイメージの強かった製品と比べると
スイッチはとても操作しやすい場所にあるのに加え、
発熱体も独自開発の「メタルファイバーヒーター」を使用しており
ゴワゴワとした感じがありません。



ハンドル周りに.JPG
ワイヤレスリモコン付属!.JPG
画期的なのが、この付属品のワイヤレス・リモコン。
ハンドル周りなどに装着しておけば、冬用ジャケットを着こんでしまっても
屈み込んだりせずにヒーターの強弱(3段階)の設定が手元で可能になります。


これまでの電熱ヒータージャケットと比べると使いやすさがぐっと増しています。
生地もしなやかで作りも比較的タイトですので、普段使っているインナーを省いて
これに変えるだけでずっと身軽になれます。
身体の芯から温まる暖かさは、思わず真冬の高速でも走りに出掛けたくなってくるほど。

ショールームに暖かさを実感できるサンプルをご用意してあります。
入荷数に限りがありますので、どうぞお早めにご相談くださいね。


☆☆☆


11/1から営業時間が冬時間に変わりましたのでご注意くださいませ。

 ●11月からは冬季営業時間:10:00 - 18:00
 ●3月~10月は夏季営業時間:09:30 - 19:00
 
 定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。
 皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
C600S/C650GT ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。