So-net無料ブログ作成
Newモデル情報 ブログトップ

New F700GS/F800GS まもなくデビューです! [Newモデル情報]

F800GS登場!.jpg
例年よりも暖かなお正月が過ぎて、少しまとまった雪も降り、
気がつくともう2月に入りました。早いですね!

昨年秋の欧州でのショーで発表された新型F700GS/F800GSが
いよいよ今月末2/26(金)発売開始となります。

当店でも2012年のデビュー以来、コンスタントに人気のあるモデルですが
今回は細部の設定も見直され、新鮮なカラーリングに生まれ変わりました。



F8GS_LowDown.JPG
大きなトピックは、R1200GSやGS-Adventureなどと同様に
2016年からはF800GSもこれまで「ローダウン仕様」と呼ばれていたシート高を抑えたモデルが
日本市場向け標準設定となり、「スタンダード」と呼ばれるようになったことです。

上の写真は、つい先日都内某所で新型F800GSの「スタンダード仕様」に跨ってみた様子。
これまでのF800GSは、F700GSと比べるとかなり車高が高めで私も爪先が軽く着く程度でしたが、
今回から導入される「スタンダード仕様」は、ご覧の通り良好な足付き性で
より多くの方に楽しんで戴けると思います。
見た目も低く構えた感じがあって、なかなかカッコいいですね。

ちなみにスペック上のシート高は
●F700GS(スタンダード): 765mm ※本国仕様と同じ「ハイライン」は790mm
●F800GS(スタンダード): 820mm ※本国仕様と同じ「ハイライン」は850mm

F700GSのハイラインがちょうど良い方であれば、新しいF800GSスタンダードはプラス3cmの差ですので
軽く踵が浮く程度の違いだけで十分楽しんでいただけるかと思います。


★F700GSのカラーは3色、
 「ライト・ホワイト」だけはハンドガード装着済みで、他のカラーよりも1万円高くなります。
 ※車両本体価格はいずれも「スタンダード」仕様です。
 ※車両の写真はいずれも本国仕様のため細部が日本仕様と異なりますのでご注意ください。
  特にシートは写真のフラットな形状ではなく、座面が低く凹んだ形状の「ローシート」となる予定です。


F7GSWhite.jpg
▲ライト・ホワイト: この色のみ純正ハンドガード標準装備、車両本体価格1,270,000円(税込)


F7GSOrange.jpg
▲サキール・オレンジ・メタリック: 車両本体価格1,260,000円(税込)


F7GSMineral.jpg
▲ミネラル・グレー・メタリック: 車両本体価格1,260,000円(税込)



★F800GSもカラーは3色、
 各色とも微妙に装備の違いがあり、価格も異なります。
 ※車両本体価格はいずれも「スタンダード」仕様です。
 ※車両の写真はいずれも本国仕様のため細部が日本仕様と異なりますのでご注意ください。
  特にシートは写真のフラットな形状ではなく、座面が低く凹んだ形状の「ローシート」となる予定です。



F8GSWhite.jpg
▲ライト・ホワイト: 純正ハンドガード標準装備、車両本体価格1,440,000円(税込)



F8GSBlue.jpg
▲レーシング・ブルー・メタリック・マット: 車両本体価格1,435,000円(税込)



F8GSBlack.jpg
▲ブラック・ストーム・メタリック: ハンドガードとスモーク・シールド標準装備、車両本体価格1,450,000円(税込)


うーむ、どの色もなかなか魅力的ですね♪
当店にはF700GSの「ミネラル・グレー・メタリック」と
F800GSの「レーシング・ブルー・メタリック」(いずれもスタンダード仕様)が入荷予定です。
詳しくは、ぜひショールームでご相談下さいませ。

皆様のお越しをお待ち申し上げます!


★Facebook開設のご案内

Facebook始めました。.png
私共のショップからの情報をより早くお伝えするために、Facebookにアカウントを設けました。
URL https://www.facebook.com/MotorradNagano  

新入荷の車両の情報やイベントの情報なども、
これまでより早くお伝えできるように努めますので
どうぞこちらもご覧になってみてください。

☆☆☆


2月末までは冬時間(10時開店-18時閉店)の営業となります。


 ●2月末までは冬季営業時間:10:00 - 18:00
 ●3月~10月は夏季営業時間:09:30 - 19:00
 
 定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。
 本年も、スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

今週末は新型R1200R&F800R デビューフェアにお越しください♪ [Newモデル情報]

いよいよ今週末です♪.jpg
鮮烈なデビューとなった2015年最初のBMW Motorrad の新モデル、New S1000RRに続いて
話題沸騰中のNew R1200R&New F800Rが3月6日から発売開始となりました。
今週末、3/13(金)~15(日)はこの新型ロードスター2車種のデビューフェアを開催します!

カラーは3色。.jpg
前回の記事でもご紹介しましたが、New R1200Rのカラーは3色、
それぞれ外装の装備品が異なり、価格も3種類となります。

新世代のマシンに共通したBMW Motorrad独自の電子制御系のハイテクもフル装備となっており、
シフトアップだけでなくダウンも対応するシフト・アシストPROや、
ライディングの状態に応じてリアルタイムで変化する
DDC=ダイナミック・ダンピング・コントロールも搭載。
それでいて、先代のDOHCモデルが出た直後の価格を下回る160万円台~という車両本体価格は、
まさに今のBMW Motorradの勢いを表しているようです。



NewR1200R登場!.jpg

※写真はすべて本国仕様です。
 日本仕様はラゲッジ・キャリアとパニア・ケース・ホルダーも標準装備となります。

一番上の「ライト・ホワイト」は「Style 1」と呼ばれ、
スクリーンとエンジン・スポイラーを装備、タンクカバーのセンター・パネルはステンレス製。
ただいまショールームにはこのカラーを展示しています。

中段の「サンダー・グレー・メタリック」は「Style 2」。
「Style 1」からスクリーンとエンジン・スポイラーが省かれていますが
ステンレス製のセンター・パネルは共通で、フレームはグレー系の塗装仕上げ。
シックで高級感のある佇まいに仕上がっています。

最下段の「コルドバ・ブルー」は最もベイシックな仕様。
タンクのセンターパネルも樹脂製の塗装仕上となり、
フレームもブラックでシンプルな印象ですが
ESAやシフト・アシストPROといった最新のBMW Motorradならではの
先進技術は他の2つのグレードと共通です。



顔も大きく変わりました。.jpg
スリムになりました。.jpg
先代の空油玲モデルと比較すると、格段にスリムに仕上がっていますね。
新世代のフラット・ツインになって吸気系のレイアウトがダウンドラフトに変わったことによって
幅を狭めるにも限度のあったシート付け根周辺をすっきり絞り込むことができるようになりました。

この大幅なスリム化は、ライディングポジション全体の最適化にも大きく貢献しています。
もちろん、スッと脚を降ろすことができることによる脚付き性の向上も重要なポイントです。


NAVI用クレードル同梱です。.JPG
新世代のGS系と同様に、純正NAVI用のホルダーも車両に同梱となりました。


ケース類オプション.jpg
専用ケース類も刷新され、F800GTと似た形状のインテグラル・ケースと
まったく新しい「Top Case 2」が新しく用意されています。


シールド類オプション.jpg
ウィンド・シールドも大きさやカラーの異なる複数の仕様をご用意しています。

車両手配の関係で、誠に申し訳ございませんが試乗車は来週以降の準備となってしまいそうですが
ぜひショールームで現車をご覧になってみてくださいね。



☆☆☆


レーシングブルー&ブラック.jpg
同じくフルモデルチェンジのF800Rは、写真のカラー
「レーシング・ブルー・メタリック・マット&ブラック・サテン・グロス」のモデルが入荷予定です。

今回の日本入荷初回ロットは、いずれもESAとASCをセットで装備した
「セーフティ・パッケージ」付のプレミアム・ラインとなります。
車両本体価格は、ベース車両(ハイライン、ノンメタリック車)の1,099,000円に
「メタリックカラー・オプション価格10,000円」と「セーフティ・パッケージ 108,000円」を加えた
1,217,000円となります。


ハードケースも選べます。.jpg
New F800Rには、これまでの「スポーツ・インテグラル・ケース」だけでなく
新型R1200Rとほぼ同じ形状のハード・タイプのケースも設定されています。

BMW Motorradの現行ラインナップの中でも最も軽快な印象のF800Rですが、
こういったケース類やウィンド・シールドを組み合わせれば
非常に扱いやすいツアラーに仕立てることも十分可能です。


2車種とも、ここには書ききれない詳細な情報がありますので
ぜひ、どちらのモデルをご検討中の皆様も、今週末はショールームにお越しくださいませ♪
お待ちしております!


☆☆☆


3月から夏時間(9:30開店-19時閉店)の営業となりました。


 ●3月~10月は夏季営業時間:09:30 - 19:00
 ●11月~2月は冬季営業時間:10:00 - 18:00
 
 定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。
 スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

NewS1000RRのディティール&新型R1200R発表! [Newモデル情報]

S1000RR002.JPG
前回ご案内した2015年最初のBMW Motorrad の新型車、
New S1000RRのデビューフェアを今週末2/6(金)~8(日)に開催します。

ショールームでは上の写真の「モータースポーツ・カラー」と
新色「ブラック・ストーム・メタリック」の2台を展示中です。
残念ながら雪の影響もあり、今週末は試乗していただくことはできないのですが
間もなくもう一色「レーシング・レッド/ライト・ホワイト」も入荷予定で
その車両を試乗車として急遽用意させていただくことに致しました。

今日は入荷したての1台の詳細をご紹介します。


S1000RR003.JPG
S1000RR004.JPG
ボディ・ワークは全体的にスリムかつ滑らかになり
空力を意識して洗練された各部のディティールもあって
先代とはかなり印象が異なります。


S1000RR007.JPG
S1000RR006.JPG
電子制御系の技術が大幅に増えたことに合わせて
ハンドル・スイッチのレイアウトも変わっています。
先代では後付オプションだったグリップ・ヒーターも、新型は標準装備です。



S1000RR008.JPG
新型はシフト・アシストPROに進化して、シフト・ダウンにも対応。
シフト・レバーのレイアウトも変更され、ロッドの通る場所も変わりました。


S1000RR012.JPG
S1000RR011.JPG
先代まで日本仕様のみが採用していたAkrapovic製マフラーに代わって採用された
本国仕様と共通の新しい形状のマフラーは、
とにかくスリムに仕上がっていることに驚かされます。

より軽量なAkrapovic製スポーツマフラーも純正オプションとして設定、
価格は124,200円です。


S1000RR010.JPG
メインのボディ・カウルは左右方向の幅がかなりスリムに。


S1000RR014.JPG
初代からの特徴でもある、左右非対称のライトは
左右を入れ替えたような配置に変わりました。
各部のエッジ処理が、より滑らかになっています。



S1000RR015.JPG
充実した装備と本国と同スペックの高出力から考えると
2,150,000円から、という価格設定は割安にも感じられるかもしれません。
ご検討中の皆様、ぜひ今週末はショールームで現車をじっくりご覧になってみてください!


☆☆☆


と、このタイミングでこの春話題の新型車、New R1200RとNew F800Rも
3月6日から発売開始となることが発表されました。


NewR1200R登場!.jpg
取り急ぎ、お待ちの方も多いNew R1200Rの価格とカラーをご紹介。

※写真はすべて本国仕様です。
 日本仕様はラゲッジ・キャリアとパニア・ケース・ホルダーも標準で装備される予定です。

今回の新型R1200Rは、3種類のグレードそれぞれに決まったカラーが割り当てられています。
一番上の「ライト・ホワイト」は「Style 1」と呼ばれ、
スクリーンとエンジン・スポイラーを装備し
燃料タンクカバーのセンター・パネルはステンレス製。
フレームもレッドの塗装で、最もスポーティな印象ですね。

中段の「サンダー・グレー・メタリック」は「Style 2」という名称で
「Style 1」からスクリーンとエンジン・スポイラーが省かれています。
ステンレス製のセンター・パネルは共通で、
フレームはグレー系の塗装仕上げ。
フロント・フォークのアウター・チューブもゴールドとなり、
シックで高級感のある佇まいに仕上がっています。

最下段の「コルドバ・ブルー」は最もベイシックな仕様。
タンクのセンターパネルも樹脂製の塗装仕上となり、
フレームもブラックでシンプルな印象ですが
ESAやシフト・アシストPROといった最新のBMW Motorradならではの
先進技術は他の2つのグレードと共通です。

ここでは書ききれない詳細な情報がありますので
ぜひ、New R1200Rをご検討中の皆様も
今週末はショールームにお越しくださいませ♪


☆☆☆


2月末までは冬時間(10時開店-18時閉店)の営業となります。


 ●2月末までは冬季営業時間:10:00 - 18:00
 ●3月~10月は夏季営業時間:09:30 - 19:00
 
 定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。
 本年も、スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

タグ:S1000RR NewR1200R
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

新型R1200GS-Adventure、いよいよ登場! [Newモデル情報]

R1200GS-Adv.jpg
BMW Motorradの初号機R32の登場から90周年目の記念すべき年となった昨年、
2013年の全世界でのBMW Motorradの販売台数は過去最高の数字となり
日本における総販売台数もこれまでで一番の台数となりました。
ご愛顧いただいております全てのお客様に、あらためて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

そして、今年2014年も昨年以上に魅力的な新車種が目白押しです。
お待ちかねの皆様も多かった R1200GS-Adventure
いよいよ 2月14(金) に販売開始となります。

昨年3月の発売以来おかげさまで大好評の新型R1200GSをベースに
歴代のAdventureモデルの文法通り、大型化された燃料タンクとガード類、
ストロークを伸ばしたサスペンションなどを装備して、重厚な旅の道具として仕立てられています。

シリンダ・ヘッドを水冷化した新世代のR1200GSがベースですので
吸排気系のレイアウト変更により乗車ポジションは非常にスリムになっており、
低重心化・軽量化・車体全体のスリム化を推し進めた結果として、巨大なタンクはアルミ製に。
正面~斜め前から眺めた時の威圧感さえ感じるような圧倒的なボリュームとは対照的に
シート前端部のニーグリップする部分の周囲は綺麗にそぎ落とされており
乗車姿勢はごく自然でリラックスできるものになっています。



R1200GS-A_Colours.jpg
カラーは写真の3色。
Motorrad Naganoのショールームには、第一号車として
左上の「オリーブ・グリーン・メタリック・マット」が入荷予定です。

そして、気になる車両本体価格は、2,389,000円(税込)
先代と比べてもリーズナブルと思える価格に私共も少し驚いています。

このR1200GS-Adventureは標準のGS以上に入荷数が少なめと予想されますので
ご検討中の方・ご興味がおありの方は、まずはお電話ででも結構ですので
是非お早目にご相談くださいませ。


☆☆☆


R1200RDARKWHITE発売!.png

そして今月新たにラインナップに加わったのが、このR1200R Dark Whiteです。


R1200R DarkWhite-1.jpg
R1200R DarkWhite-4.jpg
昨年の衝撃的な価格改定以降、幅広い層のお客様に安定した人気のR1200Rをベースにして
「ライト・ホワイト」という新しいボディ・カラーをまとい、
エンジン・駆動系周りはブラック塗装で仕上げられています。
フロントには純正オプション品の「スポーツ・ウィンドシールド」を標準で装着し、
車両本体価格は1,640,000円(税込)となっています。



R1200RコンフォートシートExclusive.jpg
R1200R Dark Whiteに是非組み合わせていただきたいのが、
この新しく発表された「Confort Seat Exclusive」です。
エクスクルーシブという名称に相応しく、シート表皮にはアルカンタラ(outdoor仕様)がおごられており、
シックな外観を演出しつつ、滑りにくく防水性も持った優れた機能が盛り込まれています。
こちらの価格は本体73,500円(税込)と、標準シートよりもそれなりに高額ですが
この雰囲気はここ最近のBMW Motorradの現行車種にはちょっと見られなかったものです。

既にカレンダー上では販売開始となっているR1200R Dark Whiteですが
当店には来週20(月)入荷予定になっています。
ご検討中の方は、どうぞお早めにご相談くださいませ。


☆☆☆


 ■営業時間のお知らせ

 ●2月末までは冬季営業時間:10:00 - 18:00
 ●3月~10月は夏季営業時間:09:30 - 19:00
 
 定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。
 スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

BMW 2014年新色、続々と入荷中です! [Newモデル情報]

K16GT-Sports.JPG
12月に入りましたが、ここへきて来春の消費税についてのご相談をいただく機会が多くなっています。
せっかくだったら、お得な条件のうちに気に入った車両を上手に手に入れたい....
そのお気持ちはとてもよくわかります。

そんなこの時期に、BMW Motorradの2014年カラーの新車が続々と入荷してきています。
K1600GT Sportsもその1台。おかげさまで、入荷早々にご成約をいただきました。
精悍な「サヒール・オレンジ・メタリック/ブラック・サテン・グロス」の配色は
これからのBMWの新しいスポーツ・イメージのテーマカラーになるのかもしれません。


F8R Sakhir Orange Metallic Black Satin Gloss.JPG
同じ配色(オレンジ/ブラック)のF800Rも入荷したところです。
引き締まったイメージで、ちょっと車両のイメージ自体も変わってきますね。

今年3月の大幅な値下げで大変お買得なF800Rですが、実は端にお値段が下がっただけでなく
写真のように以前はオプション扱いだった「センタースタンド」「パニアケース・ホルダー」と
「リア・キャリア」まで1,099,000円の本体価格に含まれているのです。
是非、行き先が決まってしまう前に、現車をご覧になっていただきたいと思います。



K13S&F8GT.JPG
12月1日から新価格で日本再導入となったK1300S/K1300Rも早速入荷したのですが
チタン・シルバーのK1300Sも早速ご成約をいただきました。ありがとうございます。

この次には、ブラックのK1300Rが新年早々に入荷の予定です。
ご検討中の方はどうぞお早めにご相談くださいませ。



Havanna Metalic.JPG
好評のスクーター、C650GTの新色も2台が入荷したところです。
写真はシックな雰囲気の「ハバナ・メタリック」。
これまで人気色だった「プラチナ・ブロンズ・メタリック」が残念ながら廃番色となってしまいましたが
2014年新色のこちらのカラーも、大人っぽい印象でGTに相応しい色と言えそうです。



Quartz Metallic.JPG
そして、C650GTのもう1つの新色がこちらの「クォーツ・ブルー・メタリック」。
BMWらしいシャープで高級感のある色ですね。
実はこの色、来年発売と噂の新型R1200RTのイメージカラーでもあります。
光の当たり方でかなり印象の変化する色合いですので
こちらも是非ショールームで実際にご覧になってみていただきたいと思っています。

来週にはC600Sの新色「アルピン・ホワイト」もいよいよ登場の予定です。
また、新色ではありませんが、大人気のF700GSの「ローダウン仕様」(色はシルバーです)の入荷予定。
年末の時期ではありますが、思わず目移りしてしまうくらい、ほぼ全車種をご覧にいただけます。

★お待たせしておりましたHEATECH 電熱ヒートジャケットも入荷致しました!


私共にとっても、これからの時期に新車のご相談をいただけるのは大変有り難いことです。
来春までになんとか...とお考えの皆様、
是非お時間がおありの際にMotorrad Naganoのショールームにお越しくださいませ。

年末まで、できる限りのお得な条件を準備して、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!



☆☆☆


11月から冬時間(10時開店-18時閉店)となりました。
どうぞご注意くださいませ。


 ●2月末までは冬季営業時間:10:00 - 18:00
 ●3月~10月は夏季営業時間:09:30 - 19:00
 
 定休日は水曜日(祝日の場合は営業)です。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
Newモデル情報 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。